Recipe

葱王の冷やし焼き浸し

夏にさっぱりと冷やしていただく葱の焼き浸しです。

材料/分量(4人分)

葱王 2本
ごま油 小さじ1

浸し汁
砂糖 小さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
出し汁 50ml

水溶き片栗粉
片栗粉 小さじ1
水 小さじ1

作り方


葱王は5㎝ほどの長さに切る。青い部分も根元を外し、手で触って柔らかい部分は同様に切る。

※青い部分の根元を外すと青い部分を無駄なく使用できる。

2
小鍋に浸し汁の材料を入れ、中火にかける。片栗粉と水を合わせて水溶き片栗粉を作る。

3
小鍋の火をいったん止め、水溶き片栗粉を入れて良く混ぜる。再び中火にかけ、かき混ぜながらとろみをつける。

いったん火を止めてから片栗粉を入れるとだまになりにくい。また、とろみをつけることで浸し汁が葱王に絡みやすくなる。

4
フライパンを熱し、ごま油を入れ、葱王に焼き色がつくまで弱火で転がしながら焼く。

※これくらいの焼き色がつくまで焼きましょうという目安。

5
葱王に焼き色がついたら容器に入れ、浸し汁を注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす。

葱王は根深で白い部分が多く、またぎゅっと中身が詰まっているので、じっくり焼いて食べたいと思い、作りました。夏にはひんやりと食べたくて、葱王に浸し汁が絡むよう、とろみをつけました。